仕組み(なぜこんなことができるの?)


これが可能な仕組み、理由は大きく3つございます。

ただ、すごく簡単に言うと、

①国が推し進めている事業の一環なので停電対策、環境対策として補助金等「国からお金が出ているから」といったご認識をいただいて問題ありません。

ページ下部に参照掲載


 簡単にまとめると

・国としては今まで火力、原子力発電の開発や維持に使っていた費用を回すことで、再エネ促進ができ、必要な脱炭素、脱原発を進めることができる。国連への罰金が必要なくなる。

 地域の災害対策促進もできる。


・当方としても、初期費用や様々なリスクを負うものの、地域事業を進めることで補助金などの恩恵がありつつ、場所代が不要で今求められているクリーンな電力を確保できる。

また環境貢献の実績を上げることにより優良企業認定を得ることができる等、家主様には損にならない所で様々な大きなメリットがある。

 例 8kw設置できた場合の当方の年間実績


・家主様としてもリスク不要で、停電対策が導入可能。

電気代金も安くなりつつ、費用を一切出す必要なく保証もついている状態で貰える形になるので得にしかならない。


一番メリットがあるのは見ての通り家主様となりますが、地域と環境のためにもなりつつ、お互いにメリットのあるwin-winの仕組みとなっています。




➁電力会社だからこそ


 現在、太陽光を設置していない住宅は、その理由のほとんどが費用面、特に電気の買取単価の低下が大きな要因かと思います。


 「エネルギー需給革新の推進 -経済産業省 資源エネルギー庁」


 ただ今回は、家主様から売電していただくわけではありません。

電力会社が直接、電力を運用することにより買取単価の低下は関係なく、初めからある程度の高単価での取り扱いが可能となっています。


その価格で10年間、余った電力を運用した場合には、様々な予算等と合わせて電力会社側にも、きちんとメリットが発生する仕組みになっています。

したがって安心して無料で設置させていただけますし、家主様からしても

個人だと得られないような利益(高単価)を享受していただける。

という形となります。




③また今回、様々な協力を経て電力を運用するレネックス電力合同会社は、パネルメーカーであるQセルズ自体が母体で運営している電力会社です。

Qセルズは日本でもシェアNO1になったこともあり、世界で325か所以上もの拠点を持っている世界レベルでの最大手メーカーです。


パネルは通常であれば「安く卸して貰えた」程度ですが、今回はメーカーである所のQセルズ自体が直接運用することにより所謂、限界最小価格(QセルズとしてはシェアNO.1を維持する骨子)として扱えるからこそ実現可能となっています。

「Qセルズ 米住宅 産業用 2020 -google検索」

「日本国内での太陽光パネルシェア1位に-日経xtech」



 この3つの仕組みは他とは大きく異なります。 

というのも目的が他のように「利益を出すこと」ではなく、「普及自体」が目的のため不必要に利益を得る内容にする必要がなく、

当方としましてもプロジェクト進行のため(下準備の設置の段階が進まないとプロジェクトを進行すること自体ができないため)、たくさんの方に即ご参加いただけるような内容にしなければならない。という背景があるためです。

 


参照資料 参照リンク

 

 大本の停電対策という以外にも、脱炭素など環境対策にもなり、近年ではコロナ渦で救援や支援が難しい中での災害対策にもなる等、副次的な有効性ある取り組みであるため、様々な施策(補助金)や、企業からの出資等もございます。

その他、より詳細まで気になる方は、審査後の説明時にお問い合わせください。


0コメント

  • 1000 / 1000